タイで市場調査を行うメリット

タイ市場調査.com

市場調査のメリット

 

海外進出時には欠かせない現地市場調査。
タイへの進出を検討しているおり、それに準じて事前に調査し、現地のことをしておきたい、または知見を深めたいという人は多いのではないでしょうか。

 

当ページでは、タイ進出時に市場調査を行うメリットや重要性、体験談などをについて解説します。

 

 

市場調査の重要性

 

「市場調査は重要だ」と言われても、経験がないといまいちピンとこないのも事実。

 

では逆になぜ事情調査が必要なのか、その理由について見ていきましょう。

 

 

ルールを知れば解決の糸口が見つかる

 

市場調査のメリット:解決の糸口が見つかる

 

ターゲットとする市場を知るというのは、いわばルールややり方を知るのと同意義といえます。
何事においてもそうですが、どんなゲームでも事前にルールや遊び方を知っている上で楽しく遊べますよね。対戦相手のことを知ることができれば尚更優位な対戦ができます。

 

タイ進出もそれと同じで、市場調査を通して、事前に市場のルールや流れ、同市場での競合他社について知っておくことで進出後に快活な事業展開ができる可能性が上がります。

 

 

現地に合ったビジネスができる

 

市場調査によって現地にあったビジネス展開が可能

 

当たり前ですが、日本とタイの文化は大きく異なります。
文化のちがいから、日本で「とても良い」とされるサービスが必ずタイで「とても良い」と評価されるとは言い切れません。もしかすれば、まったく通じない可能性だってあります。

 

サービスは需要があってこそ生きるもの。

 

まったく他文化の海外であるからこそ、現地にマッチしたサービスを提供するためには、その国の文化のことをよく理解し、現地の人達がなにを求めているのか知る必要があります。

 

ターゲットの望み、市場を知るという意味で、「市場調査」を行えば、現地に合ったサービス提供・ビジネス展開がしやすいのです。

 

 

 

タイのリサーチを行うメリット

 

タイ市場調査:調査を行うメリットについて

 

進出失敗のリスクを大幅に軽減できる

 

先ほどの説明にあったように、市場調査を行うことで事前の入念な準備を行うことができ、進出後の失敗に繋がるリスクを大幅に軽減することができます。

 

 

競合会社のリサーチが可能

 

タイにある法人は、すべてタイ商務省(DBD)への登録が必須で、各企業の登記簿や財務諸表は商務省のデータベースにすべて保管されます。

 

各企業の一部の企業情報はweb上で閲覧することができるため、進出済み日系企業の事業状況について知ることが実質可能です(サイト内はすべてタイ語なのでタイ人の手助けが必須)。

 

このような手段も含め、タイの市場調査では競合他社の動向や実情などについて知ることができ、事前の準備の有力な判断材料となり得るのです。

 

 

 

就労環境・生活環境が把握できる

 

 

市場調査を行うことで得られるメリットのひとつとして、自社の就労環境や自身の生活環境について事前に知り検討できるというものがあります。

 

 

就労環境

 

国の文化が違うように、国民の国民性も日本人とタイ人の間では大きく異なります。
タイで働くということはタイ人と共に働き、タイ人を雇うということになるので、文化感の問題はどうしても避けられません。

 

日本人は世界的に見ても「真面目で几帳面」という国民性を有しており、そのせいでルーズな一面が多くみられるタイ人に対して「なんでこうなるの?」と思ってしまう場面に直面することもしばしば。

 

特にとういった国民性の違いを知らずにタイ人と働いたことにより、いざ問題に対面した際に理解できず頭を抱えるというケースは少なくありません。

 

真面目な人ももちろんいますが、基本的にタイ人はのんびりで寛容的な国民性を有します。
何があっても「マイペンライ(大丈夫)」という習慣は現地に住む日本人にとって非常に馴染み深いことでしょう。

 

タイ人の気質について、事前の調査を通してタイ人に触れてみたり、現地に就労しタイ人を雇っている日本人に事前に話を聞いて理解しておけばいざという時に対応ができることでしょう。

 

また、オフィス関連で言えば現地の土地感を得るという意味でも市場調査は必要と言えます。

 

現地に進出すれば事務所を必ず構えることになりますが、その立地について知らないまま進出して、いざ向かってみるとかなり辺鄙で交通の便がない場所…なんてことになればかなり大変です。

 

事前に現地に出向き、就労場所として適している地区のリストアップなどをするのはかなりおすすめです。

 

 

生活環境

 

また、現地に向かって進出する自分自身の生活環境について確認ができるのも調査のメリットのひとつです。

 

タイ進出=タイ就労=タイ在住ということになりますので、自分のタイでの生活環境について確認するのはとても重要です。

 

実際に現地に行ってみて、「この環境ならやっていける」ですとか、「料理や衛生環境が合わないな」など、肌で感じられることはたくさんあります。

 

生活環境が原因でストレスを感じながら仕事をしていかなくてはいけない、という状況になってしまう前に、タイが自分の合っているのかどうかをしっかり事前に確認しておくとよいでしょう。

 

 

 

 

このような理由から、事前の訪問を踏まえた調査は重要であり、市場調査を行うことで得られるメリットはかなり大きいと言えます。

 

ただし、唯一挙げられるデメリットがあるとすれば、費用と時間が必要になるというデメリットがあります。
自分で調査をする場合は現地への渡航費、通訳日、宿泊費等。一括で調査会社に依頼するにしても、サービス料がかかります。

 

しかし費用や時間がかかるというデメリットは市場調査をする上でどうしても避けられないもの。
市場調査を怠って失敗した場合の損失のことを考えれば、このデメリットを踏まえて工数をかける価値は十分にあります。

 

 

 

最終的に、リサーチをしたほうがいいのか?

 

タイ調査:結局市場調査はしたほうがいいのか?

 

市場調査は、事前に行っておいて損はないと言えます。

 

ここでひとつ、市場調査をせずに失敗した例をご紹介します。

 

 

実際にタイに進出したレストラン事業の1つに、とても辺鄙な場所に店舗を構えたレストランがあったそうです。
そのレストラン経営者はタイの不動産会社に、店舗に使えそうな空き物件の紹介を依頼し、紹介された安価な物件を選んだのですが、現地では車移動だけだったので選んだ物件の立地や交通の不便性に気づかなかったとか。

 

実際に近辺の探索もしなかったため、日本人の居住地からかなり遠くあまり寄り付かない地域だということにも気づきませんでしたし、現地の日本人の行動(主な移動手段、行動範囲など)を知ることがなかったそうです。

 

そのため、物件を契約し店舗開店までこぎつけたものの、集客がろくにできず一年も経たないうちに経営難となり、店を畳んで日本に戻ったそうです。

 

 

 

事前に現地の様子やターゲットの動向などを調査しなかった、市場調査をしなかったことが原因というのは一目瞭然ですよね。

 

このように立地が悪いという条件でも、事前に計画を練れば、「日本人が集まる場所で1店舗目を開店→集客を行い知名度上昇・固定客を増やした後に、支店と言う形で立地が悪いところに2店舗目をつくる」という選択肢も表れたはず。

 

加えて、実際に上記のような方法で集客に成功し、2店舗目、3店舗目とタイで店舗を増やしている日系店舗は存在します。タイには、事業失敗後に気づいてはもったいない事柄がたくさん潜んでいます。

 

 

タイでビジネスで成功させるために、現地事情について重要な事を知るという意味で市場調査はしておくべきでしょう。

 

 

企業に頼む・頼まないに関わらず、タイ進出を検討するのであれば、まずは最低でもタイ現地に訪問することをおすすめいたします。

 

 

訪問調査やデータ調査など、まずは手段について把握しておくといいでしょう。

 

以下のページでは、タイでの市場調査の手段について解説していますので、是非ご参考ください。

 

 

 

次ページ:タイ進出のメリット


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 市場調査のメリット タイの市場調査について 市場調査会社 調査の前に