本格的に市場調査を行う前に心得ておきたいこと

タイ市場調査.com

市場調査を行う前に

 

 

タイ市場調査を本格的に行う前に

 

調査を行う前に知っておいてほしいこと

 

本格的な調査を実施する前に、自分たちで事前に準備・確認できることはあります。

 

自社で改めて確認しておける事柄は以下の通り。

 

 

事前に知っている情報の整理をする

 

海外の事といえど、事前に独自で情報収集することは可能です。

 

あらかじめ、収集出来得る限りの情報を集め、限界まで知った上で、手に入らない情報を市場調査で集めましょう。

 

事前に新たに調べなくてもいい情報を把握しておくことで、依頼側、調査側両者のムダな動きを省くことができます。

 

 

ターゲットの整理

 

自社が現地で狙うターゲット層について一度確認をしておきましょう。

 

男性なのか女性なのか。若者なのか高齢者なのか。など、そもそも自分たちのサービスを売り出す客層についてターゲティングできていないと市場調査のしようがありません。

 

 

事業形態の確認

 

自社の事業形態の確認・整理をしておくことで、最適な調査方法の検討が可能になります。

 

たとえば現地に店舗を展開するようなBtoCサービスだとすれば、実際の現地の視察も必要になってきますよね。逆に現地企業を相手にするBtoB事であれば、現地の企業調査が必須の項目となります。

 

調査の方向性を決める過程で、上記のような確認事項は必ず事前に確認し、把握しておきましょう。

 

 

 

異国で日本人が働くということ

 

 

当たり前の事ではありますが、タイの市場調査をしたいという会社のほとんどはタイに進出を検討している企業。

 

タイに進出する日系企業の数は年々増え続け、タイ国内での日本サービスの需要は高いことも事実ではありますが、今一度自分たちのサービスがタイに進出すべきなのかどうかについて考える必要があります。

 

日本のサービスは世界的に見て上質と言えますが、そのすべてがタイにとって上質のサービスとは言えません。

 

「郷に入っては郷に従え」と言われるように、タイに進出するのであればタイの市場・習慣に合ったサービス提供を行わなければいけないのです。

 

「日本のやり方で進めば、うまくいく」という考えはなるべく捨てて、市場調査やその他の調査で得た現地の情報を元にビジネスプランを立てていきましょう。

 

 

日本企業のタイ進出は、決して後進国タイに対して日本のサービスの素晴らしさを自慢するためではなく、タイの社会に貢献し、豊かにするために行われるもの。

 

この概念があるからこそタイは日本人を含む外国人の進出を受け入れているのです。

 

 

自分たちはタイに貢献しタイ社会を豊かにするという意識で、進出、市場調査を行っていただければと思います。

 

自分たちが一体タイのどの部分を豊かにできるのか。
それは実際の市場調査を通せば、容易に気づくことができるでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 市場調査のメリット タイの市場調査について 市場調査会社 調査の前に