日系企業がタイに進出するメリット

タイ市場調査.com

タイ進出のメリット

 

 

2016年現在、タイに進出する日系企業は絶えず増え続けており、2015年の時点で進出企業数は4,500社を超えてます。

 

また、日本からタイに対するBOI投資金額は他国からの投資を含めた全体の投資額の半数以上を占めるほど。

 

 

 

現在も増え続けるタイ進出

 

タイに進出する日系企業はいまだ増加傾向にあり

 

元より日本に本社を構えており、その現地法人としてやってくる企業を進出企業と呼びますが、タイの中には自ら起業するという形で企業を営む日本人も近年増えています。

 

起業を決意する日本人のほとんどは、最初は現地駐在、出張と言った形でタイにやってきて、数年の現地経験を積んだ上で独立を選ぶ人たちです。

 

 

タイ進出日系企業のはじまりは製造業

 

日系企業がタイに進出しはじめた当初は、製造業などが主でしたが、2016年近年ではすっかり経済発展も進み、現地に住む日本人をターゲットにしたサービスなど、多方面にわたるBtoBサービス事業、またBtoCサービス事業が進出企業の半分を占めています。

 

日本人ターゲットのサービス業が増えている理由としては、日系企業の進出によりタイに居住する現地邦人人口の母数が大きく底上げされたことが理由の一つ。

 

製造業の進出によってベースとなる大まかなサービスがひと通り揃った今では、そのほかの日本人向け法務サービスや広告、設立支援、マーケティング支援などといったサポート系のサービス業の需要が高まりつつあり、そういった隙間を埋める進出の動きが盛んです。

 

現地マーケットはもちろん、日本人マーケットにおいてまだまだ開拓の余地のあるタイ・バンコクでは日本人の活躍する場がどんどん増加していくことが予想されます。

 

 

 

進出のメリットについて

 

進出のメリット

 

 

何故進出先としてタイが選ばれるのか。
以下では、日系企業がタイに進出するメリットを挙げていきます。

 

 

親日国である

 

タイは親日国?

 

タイは比較的親日国という話はある程度有名ですよね。

 

実は日系企業がタイに進出し始めの頃は、タイ人から「経済侵略だ」と言われ多くの日系企業はバッシングに合っていたという歴史があるのですが、当時の現地駐在員が地道にタイでのビジネスを伸ばした結果今の「親日国」としてのタイが存在します。

 

「日本はタイの恩人」だとか、一部では始め方タイ人が日本人を拝んでいるような印象を与える一説もありますが、タイは過剰に親日というわけではありません。

 

しかしながら、実質タイと日本は皇室同時が仲がいいという噂もあり、それ故に良好な関係を築いてきたという話も。
2016年現在、丁度日・タイ修好130周年を迎える年となっており、様々な記念企画が立ち上がっています。

 

 

インフラが整っている

 

タイはインフラが整っている

 

生活・交通・通信どの分野においてもタイのインフラ状況はかなり整っているといえます。
交通機関はタイ・バンコクの写真を見てわかる通り、市内の道路は整備されており、車であふれかえっています。
またBTS(スカイトレイン)やMRT(地下鉄)、バスなどといった公共交通機関の整備も進んでおり、一般のタイ国民の移動手段として使われています。

 

生活に関しても、新築のコンドミニアムやビルの建設が年々進んでおり、日本に住むのと同じくらいの値段でほぼ新築、プール・ジム付きの住宅に住むことが可能です。

 

タイはインターネット環境が整備されている

 

通信環境に関しても、バンコク市内は特に整備が行き届いており、携帯キャリアで3G・4G回線が利用できるほど。
その快適さから、インターネット環境化でのスマフォ普及率は100%とも言われています。

 

 

立地としてハブになり得る

 

ASEANのハブ

 

タイは隣国にカンボジア、ミャンマー、ラオス、マレーシアを隣国に持つ国。
将来的に、上記の国を含む東南アジア全域への進出を検討するのであれば、日系企業進出国として一番の発展を遂げているタイからスタートし、タイを拠点に他国への調査を行うというやり方を行うと良いでしょう。

 

日本からわざわざ各国へ向かうよりも、タイ拠点から範囲を広げていくという手法を選択した方がメリットが大きいです。

 

また隣国以外に、インドやシンガポール、インドネシアなど日系企業進出先として注目されている他国へ向かう際の中継点であるというのもハブとしてのメリットの1つです。

 

 

 

日系企業と日本人が多い

 

詳細ページへ

 

一番多きなメリットとも言えるのが、日本人と日系企業の多さです。

 

進出済みの日系企業が多いということは、そのぶんだけ事例の数が多く、自社のタイでの方向性を決める判断材料にすることができるということ。現地で日系企業同士の人脈をつくることも比較的容易であり、事業展開中に問題が派生したり困ったときのアドバイスを受けることができます。

 

また日本と違って、タイ現地にある日系大手の企業は訪問のハードルが日本よりも少なく、ビジネス案件や話を持ち込むチャンスがとても多いのも事実なので、そういった面から見ても日系企業がタイに進出するメリットはかなりあると言えます。

 

 

 

既存企業は市場調査を行っているのか?

 

日系企業の調査事情

 

上記のような進出のメリットを踏まえ、タイに進出する日系企業がほとんどですが、この中でも成功にこぎつけるのは事前に入念な調査や計画を立てたことによるものです。

 

「善は急げ」というように、行動は早くていいに越したことはありませんが、右も左もわからない状態で海外に飛び込めば派手に転がってしまう確率も非常に高いです。

 

そういった事業失敗に繋がらないように、多くの進出済み日系企業は何かしらの方法を使って事前の調査を行い、石橋をたたきながら進んできました。

 

新規事業立ち上げの際に、現地の就労経験が豊富な人材が採用されやすいのは上記の理由もあってのこと。
一人でも現地のことを深く知っている人がいれば、事業展開の効率は一気に跳ね上がります。

 

実際、タイ駐在勤務数年の日本人がタイで独立し法人を立ち上げるという事例はさほど珍しくありません。

 

 

 

次ページ:タイ市場調査の手段


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 市場調査のメリット タイの市場調査について 市場調査会社 調査の前に