頬笑みの国、タイの市場調査情報を徹底解説

タイ市場調査.com

タイ市場調査.com

 

タイ市場調査.comとは?

 

タイ市場調査.comをご覧くださりありがとうございます。
当サイトは、タイ進出を目指す日系企業・個人向けにタイの市場からリサーチ、現状などについての情報をまとめているサイトです。

 

タイ進出を検討されている方には、是非当サイトをご活用していただき、進出や市場調査の検討の参考にしていただければ幸いです。

 

 

タイ王国の基本情報

 

タイ市場調査.com

 

朗らかな国民性から、多くの人に「微笑みの国」と呼ばれるタイ王国。
東南アジアの中心部に位置し、カンボジアやミャンマーなど周辺の国への橋渡し的な役割をもちます。

 

2016年に及ぶ現在では、日系企業を含む外資系企業が数多く進出を遂げており、わずか10年〜20年の間に目覚ましい経済発展を遂げました。

 

 

■タイ基本データ

 

タイ市場調査.com

 

国名:タイ王国
人口:6,718万人
首都:バンコク
県数:75県

 

タイは国名に「王国」とつくように、完全な立件君主制国家として成立しています。

2016年現在、王国の象徴となっているのはラーマ9世国王です。

 

国民にとって国王は国の父であり象徴であり、とても尊い存在。
国王の血族である王族も例外ではなく、国民は皆王族と面と向かう機会があれば必ず手を合わせて礼をすることが当たり前となっているほどの尊敬心を持っています。

 

 

 

首都 バンコク

 

タイ市場調査.com

 

タイは、角度を変えると国土の形が象の頭の形に見えることでも有名で、実際タイと言えば象というイメージを持つ人も少なくありません。

 

首都バンコクは象の形で例えるなら丁度、鼻の付け根と口の間あたりに位置しています。

 

タイ市場調査.com

 

バンコクはタイ国内での経済発展が得に目覚ましく、人口も国内で1番集中している都市。人口密度は東京都とほぼ同等と言えます。

 

タイに対して、「木造建築」や「たんぼ」などといった半ば発展途上国的なイメージを持っている人は、おそらくまだ多いかと思われます。

 

しかし実際に足を踏み入れてわかることなのですが、タイ、特に首都バンコクは想像以上の経済発展を遂げています。

 

2016年現在、バンコク市内では次々にビル建設が進んでおり、中心部には近代的建築物やショッピングモール、高級店などが軒を連ねるほど。

 

海外企業の進出が多いという理由もあり、バンコクでは見渡す限りの「都会」の風景が望めます。

 

 

その反面、首都を除くその他の県では、バンコクのような大きな成長が遂げられておらず、高層ビルが並ぶ首都と比べると一面田んぼといったよな田舎の様子が多く見受けられるという経済格差も存在します。

 

タイの若者の多くは、地方出身であれ首都での就職を希望しており、働き盛りになるとバンコクに移り住むものも少なくありません。

 

働き盛りの頃は首都バンコクで働き、リタイア後に育った地方に戻るという人が多く、それが首都と地方の経済格差を生んでいる原因となっているかもしれません。

 

 

 

タイの経済成長について

 

 

タイの経済成長について

 

 

外資系企業の進出が相次ぎ、経済成長が加速するタイ。
タイの一人当たりの平均所得は年々上がってきており、10年ほど前まで「安い」と言われていた物価も今では日本と大差のない値まで上昇しつつあります。

 

とはいえ日本の首都圏で暮らすことに比べれば安く済む場合が多く、まだまだ暮らしやすいといえます。
ただし、着々と日系企業が進出し日本のモノが多くタイで手に入れやすくなったことにより、日本の同等の生活を選べば日本以上の出費がかかるのも事実です。

 

今やタイは、日本人にとってとても暮らしやすい経済状況であるといえます。

 

 

タイの富裕層について

 

また、タイの富裕層の持つ富は非常に多く、富裕層の若者は大学に入る頃に両親から土地や車をプレゼントされるという金持ちっぷりを見せることもしばしばです。

 

産まれながら富裕層にいるタイ人は、自分で不動産を持ってオーナーになるという人も多いのですが、2016年現在では一般層の中でも不動産を買うような人が増えつつありそういった点から見てもタイの経済は異常といえるほど成長し、一部の人々の生活が豊かになっています。

 

 

レストラン・カフェの普及

 

レストランなどと店舗においては、数年前までは一つもなかったいわゆる「お洒落カフェ」なるものが2015年〜2016年にかけて大流行し、特に流行ったカフェはバンコク市内で支店をつくる、また超高級ショッピングモール内に店舗を構えるなど異常な成長・発展を遂げています。

 

カフェ内のメニューは有名コーヒーチェーン店「スターバックス」と変わらない値段で提供されているものの、進んで利用するタイの若者や社会人の姿は絶えません。

 

 

日本食店の進出飽和

 

日本食レストランにおいては、一部のジャンルにおいて進出店が非常に多く、既に飽和状態となっているところも少なくありません。
そのため、バンコク市街では生き残れないと判断し、地方に店舗をオープンする店舗まで登場するという実情があります。

 

 

 

 

就職文化

 

タイ人の就職観

 

タイ大学新卒者の就職率について

 

タイの大学新卒者の就職感についてですが、簡単に言うと「日本よりものんびりとした就職感」と言えます。

 

日本の学生は、大学在学時(3回生〜4回生)から就職活動を開始し、就職先を見つけ、その後大学卒業→就職という流れが一般的ですが、タイでは大学を卒業してから就職活動を始めるというのが一般的。

 

タイの大学卒業時期は4月〜6月。その後就職活動が始まるため、7月〜8月においては、その部分だけを見ると「失業率が高い」という風に言えるのです。

 

企業側においては、基本的に通年人材の募集を行っており、求めるのは「即戦力」である企業が多い傾向があります。
タイの企業では「大学新卒者を社内で育てる」という日本企業のような考え方は一般的ではなく、常に経験を重ねた即戦力的人材を求めます。

 

そのため、労働力の弱い国民は、まず現場業務などをこなし、転職を重ねることで経験を積み上げるという考えが一般的。
したがって「転職を繰り返すこと」、「離職率が高いこと」はタイではあたり前のことと言えます。

 

タイ人は、職場を転々とし個々のステップアップをするという就職観があり、現地企業もまたそれを受け入れています。

 

 

 

タイは女性の社会進出が目立つ国

 

タイ人女性の社会進出率は高い

 

また、タイは女性の社会進出率がとても高いと言えます。
タイの女性は男性よりも勤勉である傾向が強く、働き者。

 

ホワイトカラーの企業では管理職に就きバリバリに業務をこなすタイ人女性の姿が多く見受けられ、能力も十分にあります。

 

7,300社女性が上級管理職に就いている割合の調査では、タイは女性の管理職就職率43%と世界第3位に記録されています。

 

また、上級管理職以外にも、地方の工場など現場業務、農業労働においても女性が多く活躍している姿が見られ、タイにおけるタイ人女性の労働率は相対的に見てかなり高いと言えます。

 

例を挙げるとすれば、血縁関係があったという理由があるものの、元タイ首相のタクシン氏の妹インラックさんが女性首相として、一時期タイの首相を務めていたのも有名です。

 

 

 

タイ人男性はヒモ気質?

 

タイ人男はヒモ気質?

 

では男性の場合はどうなのでしょうか?結論から言うと、地方に行けば行くほどヒモ気質な男性が多い傾向にあります。
一家を支える役割を担うのは女性の役目であり、旦那さんは自由な生活をする…というような家庭が比較的多く見られます。

 

もちろん、女性にも言えることですがこれは人それぞれの性格にもよるので、男性がみんなヒモ気質、女性がみんな働き者、ということもありません。

 

地方はもちろん、都会で活躍する男性も多く、タイの一大企業の社長のほとんどはやはり男性である確率が高いです。

 

しかしながら地方では、女性が支えるという風習が色濃く、今でも一家に生まれた長女が大切にされる傾向が非常に強いのも事実です。

 

 

 

進出日系企業と日本人人口

 

日本人企業の進出が増加しているタイ

 

2016年現在、常識になりつつありますが、タイは親日国であり、実際にタイに進出している日系企業が非常に多いというのは有名な話です。

 

タイに進出している日系企業で、事業活動が確認されている企業数は2015年6月の時点で4,567社を超えます。
その内訳として、製造業とサービス業がほぼ半々といった割合を占めており、2000年以降においてはサービス業の進出率が製造業を上回っているというデータがあります。

 

サービス業の中でも得に、進出済み日系企業に向けた法的手続き、会計業務、業務最適化、その他銀行、会社設立などをサポートするような「専門サービス」に特化したコンサルティング会社、法律事務所などが増加し続けています。

 

また、小売業や店舗、レストランなどのサービス業に対する投資も増加しており、タイ人の日本好き、所得増加、既存進出企業による支援の影響によるものだと考えられています。

 

 

 

市場調査の重要性

 

市場調査の重要性

 

上記のような日系企業進出の勢いもあって、今この瞬間タイへの進出を検討している日系企業も少なくはないでしょう。

 

しかし、タイに進出を検討する際に忘れてはいけないのは事前の「市場調査」です。

 

私たちが見ている既存進出日系企業は成功例でしかなく、その裏では、今まで様々な理由で進出に失敗したという日系企業も多く存在しています。

 

その理由の一つとして挙げられるのが、現地の調査不足。

 

海外への渡航費や調査費用をもったいぶってしまったせいでろくな調査もせず、現地でいきなり事業を開始し失敗に終わるという案件が極稀に発生してしており、とても残念な結果になることもしばしば。

 

せっかく意を決して海外に進出するわけですから、自社の事業に合ったターゲットをしっかりリサーチし、進出後の安定に向けて動いた方が良いに越したことはありません。

 

調査に費用をかけることに躊躇してしまうかもしれませんが、事業失敗後の損失に比べれば、いっそのこと費用をかけた方が得策です。

 

タイには日系企業向けの市場調査やコンサルティングに特化した市場調査会社もあり、現地の事情について熟知した企業を頼ることも容易に可能。

 

本気でタイ現地での事業成功を希望するのであれば、一度真剣に市場調査について検討してみてはいかがでしょうか。

 

当サイトでは、タイ進出に必要な市場調査の情報について解説いたします。

 

是非ご参考ください。

 

 

市場調査のメリットについて

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 市場調査のメリット タイの市場調査について 市場調査会社 調査の前に